新刊書


刊行】



© SEIZO WATASE



■編著者紹介:豊田秀樹(とよだ ひでき)
1961年 東京都に生まれる。
1989年 東京大学大学院・教育学研究科(教育学博士)。
 日本行動計量学会優秀賞(1995年)、
 日本心理学会優秀論文賞(2002年、2005年)受賞。
 イリノイ大学心理学部客員研究員などを経て、
現 在 早稲田大学文学学術院教授。
 専門は心理統計学、マーケティング・サイエンス。
 研究の合間の映画鑑賞が無上の楽しみ。

◎主な著書
『共分散構造分析[入門編]―構造方程式モデリング―』
『共分散構造分析[応用編]―構造方程式モデリング―』
『共分散構造分析[数理編]―構造方程式モデリング―』(編著)
『共分散構造分析[疑問編]―構造方程式モデリング―』(編著)
『共分散構造分析[理論編]―構造方程式モデリング―』
                              (以上、朝倉書店)
『共分散構造分析[事例編]―構造方程式モデリング―』(北大路書房)
『SASによる共分散構造分析』(東京大学出版会)
共分散構造分析[Amos編]−構造方程式モデリング−』(編著)
購買心理を読み解く統計学――実例で見る心理・調査データ解析28
データマイニング入門 − Rで学ぶ最新データ解析
検定力分析入門 − Rで学ぶ最新データ解析
                              (以上、東京図書)

●執筆者メンバー
室橋弘人(東京大学高齢社会総合研究機構特任研究員)/ 齋藤朗宏(北九州市立大学経済学部准教授)/ 中村健太郎(早稲田大学人間科学学術院准教授)/ 川端一光(明治学院大学心理学部専任講師)/ 福中公輔(産業能率大学総合研究所)/ 岩間徳兼(国際交流基金日本語試験センター研究員)/ 久保沙織(早稲田大学グローバルエデュケーションセンター助教)/ 鈴川由美(京都大学学際融合教育研究推進センター特任准教授)/ 池原一哉(早稲田大学グローバルエデュケーションセンター助手)/ 大橋洸太郎(立教大学社会情報教育研究センター助教)/ 秋山隆(早稲田大学大学院文学研究科)/ 拝殿怜奈(同)

■内容紹介



■目次

第1章 共分散構造分析前夜
第2章 速習共分散構造分析
第3章 さまざまなパス図の描画
第4章 上級者を目指して
第5章 平均共分散構造分析
第6章 多母集団同時分析
第7章 カテゴリカル変数の分析
第8章 テスト理論
第9章 検定力分析
第10章 大規模調査のSEM
第11章 ブートストラップ法
第12章 SEMの下位モデルとしての成長曲線モデル
第13章 交互作用モデル
第14章 適合度指標
第15章 欠測値の取り扱い
第16章 推定法
第17章 3次積率を利用した単回帰分析
第18章 3次積率を利用したさまざまな2変数モデルの分析
第19章 OpenMx を用いた共分散構造によるモデルの特定
第20章 応用研究紹介

付録A Onyxを用いたモデルの作り方

索引

本書で取り扱っているデータ<DL02180.ZIP
◎このデータを他の出版物・Webサイトなどに転載するには著作者の許可が必要です.
また,このデータを用いてソフトウエアから得られた成果についても同様です.

詳しい目次購入案内統計学(Excel、SPSS、JMP、医療・看護)リスト新刊書籍リスト


東京図書株式会社
© TokyoTosho Co.,Ltd.